ひげ脱毛 デメリット

ひげ脱毛のデメリットについて

 

実際にひげ脱毛をすると、どの様なデメリットがあるのでしょうか?ひげ脱毛のメリットだけでなくデメリットも上げてみます。

 

ひげ脱毛のデメリットとは

 

ひげ脱毛には多くのメリットがあります。朝のひげ剃り時間がなくなったり、青ひげがなくなるので清潔感が出たり。一方でひげ脱毛のデメリットもしっかりと把握しておく必要があります。ひげ脱毛のデメリット。大きく2つあります。それは施術に伴う「痛み」と、「肌への負担」です。ひげ脱毛には痛みを伴います。冷やしながら施術を行ったりして、痛みをコントロールしてはいるもののやはり痛いものです。その痛みに耐える覚悟は必要です。

 

また、ひげ脱毛は光を使って、毛根を焼いているので、多かれ少なかれ、肌への影響があります。特にレーザー脱毛やニードルのひげ脱毛は、出力が高いです。したがって肌が軽い火傷状態になったり、腫れてしまう場合もあります。施術後、多くの人が、肌が赤く腫れたりします。フラッシュのひげ脱毛の場合は、レーザー脱毛やニードル脱毛に比べて出力が低く、また時間も短いため、赤く腫れることは少ないと言われています。

 

ひげの濃い人は、薄い人に比べて、痛みが強いと言われています。また、ひげの生えている範囲が広く密度が高い人は、それだけ施術する面積が広いので、炎症が起きる可能性が高くなります。施術を受けるには、この「痛み」と「肌への負担」を何とかするしかありません。エステの場合は、肌を冷やしてから施術を行うことで痛みをコントロールします。脱毛クリニックは麻酔を使ったりして痛みをコントロールします。

 

ひげの脱毛後は肌が気になって触ってしまうこともあるかと思いますが、気にして触ってしまうと、肌のトラブルにつながる可能性もあるので、なるべく触らないようにしましょう。また、不規則な生活は肌へマイナスの影響があります。正しい食生活、規則正しい睡眠を心掛け、肌への負担を少しでも少なくしましょう。