ひげ脱毛 日焼け

ひげ脱毛と日焼けについて

 

ひげ脱毛を始めると、エステや脱毛クリニック先で日焼けを避けるように言われます。これはなぜでしょうか。その理由は、日焼けをしていると、ひげ脱毛の施術をすることがシミや火傷の原因になるからです。色素沈着とはいわゆるシミのことです。なぜ日焼けがシミになってしまうのでしょうか。

 

それを理解するには、脱毛の仕組みを理解する必要があります。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、特殊な光を照射して、毛の色素に反応させて、毛根を焼いて死滅させるという仕組みです。光は黒の色素に反応します。毛は黒いので光に反応するということです。脱毛をする際に、肌が日焼けをしている状態であったらどうでしょうか。肌が黒いので、フラッシュやレーザーが毛だけではなく、皮膚にも反応してしまいます。それが火傷やシミの原因となるのです。

 

日焼けした肌にひげ脱毛処理をする場合には、肌への影響を押させえるために、機器の出力を弱める必要があります。弱めると肝心の脱毛効果が弱くなってしまいます。また、光が肌に反応してしまうので、照射した光が毛根にまで到達せず、ひげ脱毛の効果が弱くなってしまうこともあります。

 

実は黒人の方はフラッシュやレーザーのように光を使ったひげ脱毛ができないと言われています。この論理が理解できれば、その理由がお分かりいただけるはずです。それは、光が肌に反応してしまうからです。ひげ脱毛にとって、日焼けは大敵なのです。したがって、夏場の日焼けする可能性が高い時期のひげ脱毛には注意が必要です。